一般的なAIとカスタムAIの比較

もうお気づきだと思うが、人工知能はビジネスのやり方を急速に変えつつある。 しかし、単に社員がChatGPTに仕事を代行してもらうだけだと思ったら大間違いです。 AIが職場で真に役立つためには、カスタマイズされる必要がある。

汎用的なAIソリューションにもメリットがあるのは間違いない。 しかし、組織独自の知識ベースを活用し、特定のユースケースに合わせて学習させることができるカスタムAIは、AI技術の可能性を最大限に引き出す力を企業に与える。 その方法を知るには、このまま読み進めてください。

関連性と有用性の向上

カスタマイズ可能なAIの重要な要素は、組織独自の知識ベースで学習させる能力である。 顧客データ、企業方針、製品やサービス内容などの情報にアクセスすることで、組織はビジネスと顧客を深く理解するAIモデルを作成することができる。

汎用AIモデルは、幅広い用途や業種に対応するように設計されているため、特定のビジネスの要件と完全に一致しない可能性がある。 自然言語処理(NLP)の能力は素晴らしく、人間のようなやり取りを可能にするかもしれないが、汎用AIが提供できる情報は限られた価値しかなく、必ずしも信頼できるものではない。

ChatGPTは時に無関係な情報を提供したり、「幻覚」と呼ばれる現象で知られる作り話をしたりすることがある。 具体的で事実に基づいた答えを提供するAIを必要とする場合、それは大きな問題となりうる。 このような汎用のAIでは、組織はそれをコントロールすることができず、AIが生み出すアウトプットには疑問符がつく。

真にカスタマイズ可能なAIは、回答を導き出すために特定の情報セットを与えられる。 ナレッジ・ベースが組織固有の情報で構成されていれば、その回答がその枠組みから逸脱して顧客や従業員を混乱させることはない。 また、生成能力の厳しさの度合いも調整でき、確かな事実が必要なときに「幻覚」を防ぐことができる。

カスタマイズ可能なAIにできること

CodyAIのようなツールを使えば、企業はOpenAIのLLM(大規模言語モデル)を活用し、目的に合わせてカスタマイズされた特定の機能を複数のボットで実現することが可能になる。 これには以下のようなものがある:

  • マーケティングのためのクリエイティブAI

マーケティング担当者は、ジェネレーティブAIを最大限に活用することで、既成概念にとらわれず「考える」チャットボットの助けを借りて、クリエイティブなコンセプトのためのブレインストーミングプロセスを強化し、ブランドに沿った、ターゲット層にアピールするアイデアを提案することができる。

  • ITサポート

基本的なIT問題のトラブルシューティングは、ITリソースの負担になるが、ユーザーマニュアルや技術データについて訓練されたチャットボットが、テクノロジー企業の顧客向けツールとして、あるいはスタッフが問題に遭遇したときに支援するための社内用として、それを引き受けることができる。

  • カスタマーサポート

製品やサービス情報のトレーニングを受けた企業のウェブサイトに埋め込まれたチャットボットは、よくある質問に答えたり、問題を解決したり、さらにはユーザーの特定の要件や購入履歴に基づいてパーソナライズされた推奨を行うことができます。 コールセンターの負担を軽減できるだけでなく、24時間体制で即座にサポートを提供できるため、顧客満足度の向上にもつながる。

  • 入社とトレーニング

カスタムAIは、新入社員が仕事を始めるために必要なすべての情報や文書を提供し、それぞれの役割に特化した情報を提供することで、人事を支援することができます。 また、新しいスタッフにとっても既存のスタッフにとっても、カスタマイズされたスマートチャットボットは、必要に応じて関連リソースや情報を提供することで、トレーニングを促進することができる。

  • ルーチン・タスクの自動化

データの分類や整理、一般的な情報管理など、カスタムAIが処理できる定型的で平凡なタスクはたくさんある。 これは、リアルタイムで、手作業によるプロセスよりもはるかに高い精度で行うことができ、コンプライアンスを確保し、従業員がより戦略的なタスクに集中できるようにするのに役立つ。

カスタマイズされたAIの力を引き出す

このような方法でAIを活用するメリットは、リソースの解放や効率の向上、コストの削減や収益の増加など、即座に目に見える形で現れる。 カスタムAIは、従業員体験の向上、顧客満足度の向上、情報に基づいた意思決定のために、組織独自の知識ベースを活用する能力を提供する。 また、無料トライアルで、CodyAIが実行できるさまざまな機能、いかに簡単にトレーニングできるか、そしてCodyAIが提供できる価値を直接体験することができます。 だから、今すぐ申し込んでくれ。

Author

Oriol Zertuche

Oriol Zertuche is the CEO of CODESM and Cody AI. As an engineering student from the University of Texas-Pan American, Oriol leveraged his expertise in technology and web development to establish renowned marketing firm CODESM. He later developed Cody AI, a smart AI assistant trained to support businesses and their team members. Oriol believes in delivering practical business solutions through innovative technology.

More From Our Blog

Anthropicのクロード3.5ソネットがリリース:GPT-4oより優れている?

Anthropicのクロード3.5ソネットがリリース:GPT-4oより優れている?

クロード3.5ソネットは、大規模言語モデル(LLM)のクロード3.5ファミリーの最新モデルです。 2024年3月にAnthropic社から発表され、大きな飛躍を遂げた。 このモデルは、GPT-4oやGemini 1.5 Pro�...

Read More
RAG-as-a-Service:あなたのビジネスにジェネレーティブAIを

RAG-as-a-Service:あなたのビジネスにジェネレーティブAIを

大規模言語モデル(LLM)とジェネレーティブAIのトレンドの台頭により、ジェネレーティブAIソリューションをビジネスに統合することで、ワークフローの効率を大幅に向上させることが...

Read More

Build Your Own Business AI

Get Started Free
Top