メタのAIスタジオ:独自のAIチャットボット、ツール、ソフトウェアを作成する

先日の
メタコネクト2023
Meta CEOのマーク・ザッカーバーグは、個人および企業向けのさまざまなAI体験を紹介した。
AIスタジオ
. AI Studioを使用すると、独自のAIチャットボット、ツール、ソフトウェアを作成できます! 世界中で15億人のAIチャットボットユーザーを抱えるフェイスブックの親会社メタ社は、AI開発を誰もが利用できるようにすることを目指している。

Metaの新しいAIイノベーションは、コーディングの専門知識がなくても、パーソナライズされたAIチャットボットを作る力を提供します。

「ガートナーのアナリスト、アルン・チャンドラセカランは言う。「中小企業や企業側にも、主に生産性、コミュニケーションの向上、ユーザー・エンゲージメントの向上という側面があるのは明らか です。

AI Studioは、事前に訓練されたモデルと、ドラッグ&ドロップで操作できる使いやすいツールのおかげで、誰でもAIチャットボットを作成し、訓練することができます。 カスタマーサービス用チャットボットから、有名人や歴史上の人物のように話すAIチャットボットまで、AI Studioの創造的な可能性は無限です!

AIエコシステムに貢献するメタ

生成AIや自然言語処理(NLP)からコンピュータ・ビジョンやその他のAIの中核分野まで、メタは長年にわたり、協調的で倫理的なAIソリューションを通じて、楽しく感動的な方法で人々をつなぐことに注力してきた。 メタコネクト2023では、AIステッカー、画像編集のEmu、レイバンのスマートクラス、クエスト3なども発表された。

見るんだ! オリジン・ストーリー – Meta AI

2016年、当時フェイスブックと呼ばれていたメタ社は、企業向けのメッセージング・チャットボット用のメッセンジャー開発キットをリリースした。 AI Studioが初めて導入されたのはこの頃だ。 しかし、今日に至っては、AIスタジオのボットは、過去の厳格にプログラムされたルールベースのボットとは全く違う。 彼らはより有能で、よりダイナミックな回答をする。

どうやって?

彼らは強力な言語モデルを使っている。

そのひとつがMeta社のLlama 2で、100万件以上の人間によるアノテーションで訓練されている。

そして、今後数週間で何が起こると思う? 開発者はメタ社のAPIを使用して、同社のメッセージング・サービス用のサードパーティ製AIを作成することができる。 この開発はメッセンジャーでスタートする。 次はインスタグラムとWhatsAppだ。

規模拡大を目指す中小企業から、コミュニケーションを改善したい巨大ブランドまで、あらゆる企業が顧客サービスを向上させ、ブランドの価値を体現するAIを開発できるようになる。 AI Studioの現在の主な用途は、Eコマースとカスタマーサポートだ。 Metaはアルファ版からスタートしたが、2024年にはAI Studioを拡張・改良する予定だ。

その上、クリエイターはMetaのすべてのアプリで、デジタル・プレゼンスのスパイスとなるAIを開発できるようになる。 彼らはこれらのAIを承認し、直接コントロールできるようになる。

規模拡大を目指す中小企業から、コミュニケーションを改善したい巨大ブランドまで、あらゆる企業が顧客サービスを向上させ、ブランドの価値を体現するAIを開発できるようになる。AI Studioの主なユースケースは、Eコマースとカスタマーサポートだ。Metaはアルファ版からスタートしたが、2024年にはAI Studioを拡張し、改良する予定だ。

メタのAIサンドボックスとメタバース・シナジー

AI Studioのデビューと同時に、メタは2024年に登場するサンドボックスツールについて明かした。 このプラットフォームは、ユーザーがAIの創造で遊ぶことを可能にし、AIを搭載した製品の創造を民主化する可能性がある。

さらに驚くべきことがある。 メタ社は、このサンドボックス・ツールをメタバース・プラットフォームに統合する大きな計画を持っている。 そのようなプラットフォームの一つがHorizon Worldsである。 これにより、AI Studioを使って作られたさまざまなメタバースゲームや体験を強化することができる。

結論

AI Studioの高度な機能は、様々なチャットボットの要件に対応し、サンドボックス・ツールと相まって、すべての人がAIにアクセスできるようにするMetaの努力は、仕事や個人的な使用のためのAIチャットボット分野を変革することが期待できる。

Author

Oriol Zertuche

Oriol Zertuche is the CEO of CODESM and Cody AI. As an engineering student from the University of Texas-Pan American, Oriol leveraged his expertise in technology and web development to establish renowned marketing firm CODESM. He later developed Cody AI, a smart AI assistant trained to support businesses and their team members. Oriol believes in delivering practical business solutions through innovative technology.

More From Our Blog

ChatGPTキラー? ジェミニが意味するグーグルのAIの未来

ChatGPTキラー? ジェミニが意味するグーグルのAIの未来

グーグル対オープンAI:グーグルの勝利か? AIハイプ・トレインのバルドで的外れな成功を収めたグーグルは、最近、最新のAI製品ジェミニを発表した。 この立ち上げの一環として、バ...

Read More
プライベート・クラウド向けRAG:どのように機能するのか?

プライベート・クラウド向けRAG:どのように機能するのか?

プライベート・クラウドがどのようにすべての情報を管理し、賢い意思決定をしているのか不思議に思ったことはないだろうか。 そこでRAG(Retrieval-Augmented Generation)の出番だ。 これは...

Read More

Build Your Own Business AI

Get Started Free
Top