グーグル、マルチモーダルGemini Ultra、Pro、Nanoモデルを発表

グーグルは最近、画期的なAIモデル「ジェミニ」を発表した。

GoogleDeepMindの共同設立者兼CEOであるDemis Hassabis氏は、Geminiについての洞察を共有し、そのマルチモーダルな基盤とGoogleチームや研究仲間を超えた共同開発を強調した。

つまり、テキスト、コード、音声、画像、ビデオなど、さまざまなタイプの情報を一般化し、シームレスに理解し、操作し、組み合わせることができるのです」。

グーグルのジェミニは、革命的な進歩として主役に躍り出る。 広範な共同研究の成果であり、グーグルにとって科学と工学における大きなマイルストーンとなる。

グーグルCEOのスンダル・ピチャイは、「この新時代のモデルは、私たちが会社として行ってきた科学とエンジニアリングの取り組みの中でも最大級のものです」と表現している。

グーグルのジェミニとは?

グーグルのジェミニは、テキスト、コード、音声、画像、動画など、多様なタイプの情報をシームレスに理解し、操作する画期的なマルチモーダルAIモデルである。 グーグルの最も柔軟なモデルとして発表されたGeminiは、データセンターからモバイルデバイスまで、幅広いデバイス上で効率的に動作するように設計されている。

非常に複雑なタスクからオンデバイスでの効率化までをカバーする機能を持つGeminiは、AIの大きな飛躍を意味し、さまざまな領域で変革的な応用が期待される。

ジェミニのマルチモーダル財団

ジェミニのマルチモーダルな基盤は、これまでのAIモデルとは一線を画している。 異なるモダリティ用に別々のコンポーネントをトレーニングし、それらをつなぎ合わせる従来のアプローチとは異なり、ジェミニは本質的にマルチモーダルである。 最初からさまざまなモダリティで事前学習され、追加のマルチモーダルデータで微調整され、さまざまなドメインでその有効性が示されている。

意義

ジェミニの多様な情報を組み合わせる能力は、AIアプリケーションに新たな可能性を提供する。 Geminiは、テキスト、コード、オーディオ、イメージ、ビデオを理解し、組み合わせることで、従来のモデルが苦手とする複雑な問題を解決するように設計されている。

ジェミニの背後にある協調の精神は、AI開発における変革の時代の舞台となる。 さらに掘り下げていくと、ジェミニのマルチモーダル機能の意味合いと、人工知能の展望を再定義する可能性が見えてくるだろう。

柔軟性と機能性

ジェミニは、多様なプラットフォームでシームレスに運用できるように設計された、柔軟で汎用性の高いモデルである。 Geminiの際立った特徴の一つはその適応性で、データセンターとモバイルデバイスの両方で機能する。 この柔軟性は、開発者や企業の顧客に新たな地平を開き、AIを活用する方法に革命をもたらす。

機能の範囲

GoogleのCEOであるSundar Pichai氏は、デベロッパーと企業顧客のための展望を再構築するGeminiの役割を強調している。 このモデルは、テキストからコード、音声、画像、動画まで、あらゆるものを扱うことができるため、AIアプリケーションを変革するツールとして位置づけられている。

「グーグルの最も柔軟なモデルであるジェミニは、データセンターからモバイル機器まで、あらゆるものに機能する」と公式ウェブサイトは述べている。 この柔軟性により、開発者は新たな可能性を追求し、さまざまな領域でAIアプリケーションを拡張することができる。

AI開発への影響

ジェミニの導入は、AI開発のパラダイムシフトを意味する。 その柔軟性により、開発者はパフォーマンスを犠牲にすることなくアプリケーションを拡張することができる。 Geminiは、グーグルがカスタム設計したTensor Processing Units(TPU)v4およびv5e上で大幅に高速に動作するため、グーグルのAI搭載製品の中心に位置付けられ、世界中の何十億ものユーザーにサービスを提供している。

「彼らの[TPUs] 、世界中の企業が大規模なAIモデルをコスト効率よく訓練することも可能になった」とグーグルの公式サイトに記載されている。 これまでで最も強力かつ効率的なTPUシステムであるCloud TPU v5pの発表は、Geminiの開発を加速し、大規模な生成AIモデルのトレーニングをより迅速に行うというGoogleのコミットメントをさらに強調するものです。

さまざまな領域におけるジェミニの役割

ジェミニの柔軟な性質は、さまざまな領域でその適用性を広げている。 その最先端の能力は、開発者と企業顧客のAIへの関わり方を再定義するものと期待されている。

高度な推論であれ、テキスト、画像、音声の理解であれ、高度なコーディングであれ、Gemini 1.0は多様なAIアプリケーションの礎石になる用意がある。

ジェミニ1.03種類のサイズ

Gemini 1.0は、Gemini Ultra、Gemini Pro、Gemini Nanoの3つの異なるサイズを導入し、AIモデリングに大きな飛躍をもたらします。 各バリアントは特定のニーズに対応するよう調整されており、非常に複雑なものからオンデバイスの要件まで、さまざまなタスクにニュアンスの異なるアプローチを提供する。

ジェミニ・ウルトラ非常に複雑なタスクをこなすパワーハウス

ジェミニ・ウルトラは、ジェミニのラインナップの中で最も大きく、最も高性能なモデルとして際立っている。 非常に複雑なタスクの処理に優れ、AI性能の限界を押し広げる。 公式ウェブサイトによると、Gemini Ultraの性能は、大規模言語モデル(LLM)の研究開発において広く使用されている32の学術的ベンチマークのうち30において、現在の最先端の結果を上回っている。

Sundar PichaiはGemini Ultraの実力を強調し、「Gemini 1.0は異なるサイズに最適化されている:ウルトラ、プロ、ナノです。これらはGemini時代の最初のモデルであり、今年初めにGoogle DeepMindを設立したときのビジョンの最初の実現です”

ジェミニ・プロタスクを横断する多彩なスケーリング

ジェミニ・プロは、ジェミニ・シリーズの汎用性の高い中間的な位置づけにある。 幅広いタスクに対応し、適応性と効率性に優れている。 このモデルは、開発者や企業顧客の多様なニーズに応えるように設計されており、さまざまなアプリケーションに最適なパフォーマンスを提供する。

ジェミニ・ナノオンデバイスタスクの効率性

Gemini Nanoは、オンデバイスのタスクに合わせた最も効率的なモデルとして主役の座を占める。 その効率性から、局所的な処理を必要とするアプリケーションに適しており、ユーザー体験を向上させる。 本日より、Gemini NanoはPixel 8 Proで利用可能となり、レコーダーアプリのSummarizeやGboard経由のSmart Replyといった新機能に貢献している。

ジェミニがこれら3つの規模にセグメント化したのは、AIの広範な要件に対応するための戦略的アプローチを反映したものである。 Gemini 1.0は、複雑で計算集約的なタスクに取り組むにせよ、効率的なオンデバイス・パフォーマンスを提供するにせよ、開発者にとってもユーザーにとっても汎用性の高いソリューションとなることを目指している。

ジェミニ・ウルトラの目覚ましい功績

ジェミニ・ウルトラは、グーグルのAI技術の頂点として登場し、比類ない業績を誇り、性能における新たなベンチマークを打ち立てた。 このモデルの卓越した能力は、AIの展望を再定義し、様々な領域で画期的な結果を示している。

大規模マルチタスク言語理解(MMLU)の習得

ジェミニ・ウルトラは、大規模マルチタスク言語理解(MMLU)において、人間の専門家を上回る90.0%という画期的なスコアを達成した。 MMLUは、数学、物理、歴史、法律、医学、倫理など57の科目を組み合わせ、世界の知識と問題解決能力の両方が試される。 この驚くべき偉業により、ジェミニ・ウルトラは、この広範な領域で人間の専門家を凌駕する最初のモデルとなった。

MMMUベンチマークの最新結果

ジェミニ・ウルトラは、新しいMMMUベンチマークで59.4%という最先端のスコアを達成した。 このベンチマークは、異なる領域にまたがるマルチモーダルなタスクを含み、意図的な推論を必要とする。 ジェミニ・ウルトラのMMMUでの成績は、その高度な推論能力と、微妙で複雑な推論が要求されるタスクで優れた能力を発揮するモデルの能力を浮き彫りにしている。

画像ベンチマークにおける優れたパフォーマンス

Gemini Ultraの卓越性は画像ベンチマークにも及んでおり、物体文字認識(OCR)システムの支援なしに、従来の最先端モデルを凌駕している。 これは双子座のマルチモーダリティと、より複雑な推理能力の初期兆候を強調している。 テキストと画像生成をシームレスに統合するGeminiの能力は、マルチモーダルインタラクションの新たな可能性を切り開く。

マルチモーダル推論の進歩を促進する

Gemini 1.0は、マルチモーダルモデルを作成するための新しいアプローチを導入している。 従来の方法では、異なるモダリティ用に別々のコンポーネントをトレーニングする必要があったが、ジェミニはネイティブにマルチモーダルであるように設計されている。

このモデルは、最初から異なるモダリティで事前に訓練され、さらにマルチモーダルデータで微調整されるため、既存のモデルよりも効果的に多様な入力を理解し、推論することができる。

Gemini Ultraは、様々なベンチマークで傑出した成績を収めており、その高度な推論能力を裏付けている。

次世代の能力

グーグルがジェミニを導入することで、人工知能との関わり方や人工知能の恩恵の受け方を再定義することを約束する次世代AI機能への道が開かれる。 Gemini 1.0は、その高度な機能により、従来のAIモデルを超越するさまざまな機能を提供する態勢を整えている。

洗練された推論

ジェミニは、高度な推論能力を備えたAIの新時代を切り開く立場にある。 このモデルの複雑な情報を理解する能力は、その高度な推論能力と相まって、AI開発における大きな飛躍を意味する。 スンダー・ピチャイは、ジェミニをさまざまなサイズに最適化されたモデルとして想定しており、それぞれが特定のタスクに合わせて調整されている。”これらはジェミニ時代の最初のモデルであり、今年初めにグーグル・ディープマインドを設立したときのビジョンの最初の実現である “と述べている。

テキスト、画像、音声などを理解する

Geminiのマルチモーダルデザインは、テキスト、画像、音声など、さまざまな種類の情報を理解し、シームレスに操作することを可能にします。 この多様性により、開発者とユーザーはより自然で直感的にAIと対話することができる。 これらのモダリティを一から統合するジェミニの能力は、従来のモデルとは一線を画している。

高度なコーディング能力

Geminiは自然言語の理解と生成にとどまらず、高品質なコードにまでその機能を拡張している。 このモデルは、Python、Java、C++、Goといった一般的なプログラミング言語の習熟度を謳っている。 これにより、開発者はGeminiを高度なコーディング作業に活用することができ、革新的なアプリケーションの開発を加速させることができる。

効率性と拡張性の向上

Gemini 1.0は、Google社内のTensor Processing Units(TPU)v4およびv5eで効率的に動作するように最適化されている。 これらのカスタム設計されたAIアクセラレーターは、グーグルのAI搭載製品に不可欠なものであり、世界中の何十億ものユーザーにサービスを提供している。 これまでで最も強力なTPUシステムであるCloud TPU v5pの発表は、GeminiのようなAIモデルの効率性とスケーラビリティを強化するというグーグルのコミットメントをさらに強調するものだ。

責任と安全対策

グーグルはジェミニの開発において、責任と安全性を重視している。 同社は、ジェミニが潜在的なリスクを最小限に抑え、ユーザーの安全を確保することに重点を置きながら、最高水準の倫理的なAI慣行を遵守することを確約している。

実際の毒性プロンプトによるベンチマーキング

毒性と倫理的配慮に関する懸念に対処するため、ジェミニはリアル・トキシシティ・プロンプトと呼ばれるベンチマークを用いた厳格なテストを受けている。 これらのベンチマークは、アレンAI研究所の専門家によって開発された、ウェブから入手された毒性の異なる10万個のプロンプトで構成されている。 このアプローチにより、グーグルはジェミニの出力に含まれる有害なコンテンツや毒性に関連する潜在的なリスクを評価し、軽減することができる。

グーグル社内のテンソル処理ユニット(TPU)との統合

Gemini 1.0は、グーグル社内のTensor Processing Units(TPU)v4およびv5eと連携するように複雑に設計されている。 これらのカスタム設計されたAIアクセラレータは、Geminiの効率性とスケーラビリティを高めるだけでなく、強力なAIモデルの開発においても重要な役割を果たしている。 最新のTPUシステムであるCloud TPU v5pの発表は、高度なAIモデルをトレーニングするための最先端のインフラを提供するというグーグルのコミットメントを強調している。

双子座が徐々に利用可能に

グーグルはジェミニ・ウルトラの展開に慎重なアプローチを採用している。 開発者と企業顧客は、12月13日からGoogle AI StudioまたはGoogle Cloud Vertex AIのGemini APIを介してGemini Proにアクセスできるようになるが、Gemini Ultraは広範な信頼性と安全性のチェックが行われている。 グーグルは、2024年初頭に広くリリースする前に、一部の顧客、開発者、パートナー、安全専門家にジェミニ・ウルトラを提供し、初期の実験とフィードバックを行う予定である。

継続的改善と課題への取り組み

AIの進化を認識しながら、グーグルはAIモデルに関連する課題への対応に引き続き取り組んでいく。 これには、事実性、根拠、帰属、裏付けといった要素を改善するための継続的な取り組みが含まれる。 外部の多様な専門家やパートナーと積極的に関わることで、グーグルは社内の評価プロセスにおける潜在的な盲点を特定し、緩和することを目指している。

要するに、グーグルの責任と安全性へのコミットメントは、ジェミニがAI能力の限界を押し広げるだけでなく、倫理的配慮、ユーザーの安全性、透明性を優先する方法でそうすることを確実にすることへのグーグルの献身を強調している。

BardおよびPixelとの統合

グーグルのGeminiはAI開発の領域にとどまらず、ユーザー向け製品にシームレスに統合され、ユーザー体験の向上に向けて大きな一歩を踏み出した。 Googleの言語モデルであるBardと、テックジャイアントのフラッグシップスマートフォンであるPixelとの統合は、実世界のシナリオにおけるGeminiの実用的なアプリケーションを紹介している。

バルド – ジェミニ・プロによる最適化バージョン

Googleの言語モデルであるBardは、Geminiとの統合により、特別に強化された。 グーグル、ジェミニ・プロの英語版チューニングバージョンを発表、バードの高度な推論、計画、理解能力を強化。 この統合は、よりニュアンスのある、文脈に即した応答を提供することで、ユーザー体験を向上させることを目的としている。 スンダー・ピチャイは、この統合の重要性を強調し、「バードは、より高度な推論、計画、理解などのために、特別に調整された英語版のジェミニ・プロを手に入れることになる」と述べている。

バード・アドバンスド – 最先端のAI体験を公開

今後グーグルは、ジェミニ・ウルトラを皮切りに、最も高度なモデルと機能をユーザーに提供するAIエクスペリエンス「バード・アドバンスド」を導入する予定だ。 これは、AI技術の限界を押し広げるというグーグルのコミットメントに沿うもので、バードの大幅なアップグレードを意味する。 Bard AdvancedとGemini Ultraの統合は、より洗練された強力な言語モデルを約束する。

ピクセル8プロ – ジェミニ・ナノ専用設計

グーグルの最新フラッグシップスマートフォンであるPixel 8 Proは、ジェミニ・ナノを搭載した初のデバイスとなる。 この統合は、Geminiのデバイス上のタスクに対する効率性をPixelユーザーにもたらし、レコーダーアプリのサマライズやGboard経由のスマートリプライなどの新機能に貢献している。 Gemini NanoがPixel 8 Proに搭載されたことは、日常的なデバイスの機能性を高めるという実用的な用途を示すものである。

検索とその先の実験

グーグルは、検索におけるジェミニの実験を積極的に行っており、最初の結果では、品質の向上とともに、米国における英語の待ち時間が40%短縮された。 この実験は、検索、広告、Chrome、およびDuet AIを含むGoogleの製品エコシステム全体にGeminiを統合するというGoogleのコミットメントを強調するものである。 Geminiがその価値を証明し続けるにつれて、ユーザーはGoogleの一連の製品とのよりシームレスで効率的なインタラクションを期待することができる。

開発者と企業ユーザーのためのアクセシビリティ

グーグルのジェミニは、社内開発だけの技術的驚異ではなく、世界中の開発者や企業ユーザーに提供されている。 Geminiのアクセシビリティは、Googleの戦略の重要な側面であり、幅広いユーザーがその機能を活用し、アプリケーションに統合することを可能にしている。

開発者および企業向けGemini Pro Access

12月13日から、開発者と企業の顧客は、Google AI StudioまたはGoogle Cloud Vertex AIのGemini APIを通じてGemini Proにアクセスできるようになる。 これは、Gemini Proの多彩な機能が幅広いアプリケーションに統合できるようになり、AIコミュニティにとって極めて重要な瞬間となる。 Google AI Studioは、無料のウェブベースの開発者向けツールとして、開発者がAPIキーを使ってアプリケーションのプロトタイプを作成し、素早く起動できる便利なプラットフォームを提供している。

Android開発者向けGemini Nano(AICore経由

Android開発者は、Geminiの効率性の恩恵から取り残されているわけではない。 Gemini Nanoは、オンデバイスタスクのための最も効率的なモデルで、Android 14で導入された新しいシステム機能であるAICoreを介してAndroid開発者がアクセスできるようになりました。 Pixel 8 Proデバイスを皮切りに、開発者はGemini Nanoを活用してデバイス上の機能を強化し、より応答性の高いインテリジェントなユーザーエクスペリエンスに貢献することができます。

ジェミニ・ウルトラの初期実験

ジェミニ・プロとジェミニ・ナノは12月にアクセス可能になるが、ジェミニ・ウルトラはまだ信頼と安全性のチェックが続いている。 しかし、グーグルはジェミニ・ウルトラを、一部の顧客、開発者、パートナー、安全の専門家に対して、初期の実験用に提供する予定である。 この段階的なアプローチにより、グーグルは2024年初頭に開発者と企業顧客に広くリリースする前に、貴重なフィードバックと洞察を集めることができる。

バードの高度な統合

Googleの言語モデルであるBardは、ユーザーがGeminiの機能を体験するための重要なインターフェースとして機能している。 高度な推論、計画、理解のためにBardに統合されたGemini Proの微調整バージョンにより、ユーザーはより洗練された、文脈を考慮した言語モデルを期待することができる。 さらに、ジェミニ・ウルトラを搭載した次期バード・アドバンスドでは、グーグルの最先端モデルと機能を利用できるようになる。

ジェミニがコーディングと先進システムに与えた影響

Geminiは、言語理解におけるブレークスルーというだけでなく、その能力をコーディングや高度なシステムの領域にまで拡張し、開発者のプログラミング課題への取り組み方に革命をもたらす汎用性と可能性を示している。

コーディングにおけるマルチモーダル推論

Geminiの実力は自然言語理解にとどまらず、Python、Java、C++、Goといった一般的なプログラミング言語の解釈と高品質なコードの生成にも優れている。 テキストと画像といった異なるモダリティをシームレスに組み合わせるGeminiのユニークな能力は、開発者に新たな可能性をもたらす。 グーグル・ディープマインド製品担当副社長のイーライ・コリンズは、ジェミニの能力を強調する:「私たちは基本的に、ジェミニに異なるモダリティ(この場合は画像とテキスト)の組み合わせを与え、ジェミニに次に来るかもしれないものを予測して反応させているのです」。

高度なコード生成システム

ジェミニは、より高度なコーディングシステムのエンジンとして機能する。 最初のAIコード生成システムであるAlphaCodeの成功に基づき、グーグルはAlphaCode 2を発表した。 ジェミニの特別バージョンを搭載したこのシステムは、複雑な数学や理論的なコンピューターサイエンスを含む競技プログラミングの問題を解くのに優れている。 AlphaCode 2の改良点は、コーディング能力を新たな高みへと引き上げるGeminiの可能性を示している。

TPUで開発を加速

Gemini 1.0は、GoogleのTensor Processing Units(TPU)v4およびv5e上で効率的に動作するように設計されている。 カスタム設計されたAIアクセラレータは、Geminiのスピードと効率を向上させる上で重要な役割を果たし、開発者や企業ユーザーが大規模な生成AIモデルをより迅速にトレーニングできるようにします。 最新のTPUシステムであるCloud TPU v5pの発表は、AIモデル開発の加速に対するグーグルのコミットメントをさらに強調するものだ。

コーディングにおける安全性と包括性

ジェミニのコーディング環境への統合は、効率性だけでなく、安全性と包括性も優先している。 Googleは、暴力や否定的なステレオタイプを含むコンテンツを識別し、軽減するために、安全分類器と堅牢なフィルタを採用しています。 このレイヤーアプローチは、ジェミニをより安全で、誰にとっても包括的なものにすることを目的としており、事実性、根拠、帰属、裏付けに関連する課題に取り組んでいる。

将来の展望と継続的な進歩

グーグルがジェミニを発表したように、この画期的なAIモデルの見通しは、テクノロジーとの関わり方におけるパラダイムシフトを示唆している。 グーグルの継続的な進歩へのコミットメントとジェミニによる新たな可能性の探求は、人工知能におけるダイナミックで変革的な時代の舞台となる。

継続的な開発と改良

ジェミニ1.0は、継続的な開発と改良の旅における最初の一歩である。 グーグルは、AIのダイナミックな性質を認識し、課題への対処、安全対策の改善、ジェミニの全体的なパフォーマンスの向上に取り組んでいます。 イーライ・コリンズは、グーグルの改善への取り組みを肯定する:「私たちはジェミニにおいて、事実の正確さを向上させるために多くの取り組みを行ってきました。

ジェミニ・ウルトラの初期実験

ジェミニ・プロとジェミニ・ナノが12月に開発者と企業ユーザーにアクセス可能になる一方で、グーグルはジェミニ・ウルトラで慎重なアプローチを採用している。 このモデルは広範な信頼性と安全性のチェックを受け、グーグルは厳選された顧客、開発者、パートナー、安全性の専門家に初期の実験用として公開している。 この段階的なアプローチにより、2024年初頭の幅広いリリース前に徹底的な評価が行われる。

バード先進的かつ継続的なイノベーション

グーグルは、初回ローンチの先を見据えて、バード・アドバンスの導入を予告している。 このAIエクスペリエンスは、ジェミニ・ウルトラから始まるグーグルの最先端モデルと機能へのアクセスをユーザーに約束する。 GeminiのBardへの統合は、継続的なイノベーションに対するグーグルのコミットメントを反映したもので、AI能力の限界を常に押し広げる最先端の言語モデルをユーザーに提供する。

ジェミニが製品に与える影響

グーグルは、ジェミニの利用範囲を自社の製品やサービスの広範囲に拡大する計画だ。 検索から広告、Chrome、Duet AIに至るまで、Geminiの機能はユーザー体験を向上させ、Googleのエコシステムとのインタラクションをよりシームレスかつ効率的にする態勢を整えている。 Sundar Pichaiは、「我々はすでに検索でGeminiの実験を始めており、Search Generative Experience (SGE)をユーザーにとってより高速なものにしている」と述べている。

よくあるご質問

ジェミニはこれまでのグーグルAIモデルと何が違うのか?

Geminiは、テキスト、コード、音声、画像、動画をシームレスに処理するマルチモーダル機能によって際立つ、Googleの最も汎用性の高いAIモデルである。

ジェミニのマルチモーダルAIは情報にどのような影響を与えるのか?

GeminiのマルチモーダルAIは、様々なデータタイプを理解し組み合わせることに優れており、開発者や企業に全体的なアプローチを提供する。

ジェミニの3つのサイズはどのような作業に対応していますか?

Geminiの3つのサイズ(Ultra、Pro、Nano)は、それぞれ複雑なタスク、多目的なタスク、オンデバイスのタスクに対応し、カスタマイズされたソリューションを提供します。

ジェミニ・ウルトラはどのようなベンチマークに秀でているか?

ジェミニ・ウルトラは、32のベンチマークのうち30で優れた性能を発揮し、特に大規模マルチタスク言語理解(MMLU)で輝いた。

開発者はAIアプリケーションにGeminiをどのように活用できるのか?

開発者は12月13日からGemini ProとNanoにアクセスすることができ、Gemini Ultraは初期の実験用に利用可能で、さまざまな統合オプションを提供する。

Geminiはバルドとピクセルの機能をどのように強化していますか?

GeminiはBardとPixel 8 Proに統合され、Bardの推論を向上させ、PixelのSummarizeやSmart Replyのような機能を強化する。

開発者はいつGemini ProおよびNanoにアクセスできますか?

12月13日から、開発者はGemini ProとNanoを多様なアプリケーションに活用できる。

ジェミニの開発では、どのような安全ベンチマークが用いられたのですか?

Geminiは安全性を優先し、Real Toxicity Promptsのようなベンチマークや、責任ある包括的なAIのための安全性分類器を使用しています。

Geminiはコーディングにどのような影響を与え、どの言語をサポートしていますか?

ジェミニはコーディングが得意で、Python、Java、C++、Goなどの言語をサポートしている。

ジェミニの今後のロードマップと、ウルトラのリリース時期は?

ジェミニの将来には継続的な開発が含まれ、ウルトラは2024年初頭に広くリリースされる前の初期実験に設定されている。

GeminiはTPUとCloud TPU v5pでAIにどう貢献するのか?

Geminiは、GoogleのTPU v4とv5eを使用したAIトレーニングを最適化し、Cloud TPU v5pで効率を向上させた。

ジェミニはコーディング能力においてどのような安全対策を行っていますか?

Geminiは安全性を優先し、責任ある包括的なコーディングAIのために分類子とリアル・トキシシティ・プロンプトを組み込んでいます。

BardとGeminiはどのように統合されているのですか?

Bardは、高度な推論のためにGemini Proを統合し、来年発売されるBard Advancedは、Gemini Ultraと高度なモデルへのアクセスを提供する。

ジェミニは、グーグルの製品やサービスにおけるユーザーエクスペリエンスにどのような影響を与えるのだろうか?

Geminiの統合は、Google製品のユーザー体験を向上させ、検索における待ち時間の40%削減によって実証されている。

ジェミニ・ウルトラにとっての初期の実験の意義とは?

ジェミニ・ウルトラは信頼性と安全性のチェックを受け、2024年初頭に広く公開される前に、初期の実験に利用できる。

開発者はいつGemini APIを介してGemini Proにアクセスできますか?

12月13日から、開発者はGoogle AI StudioまたはGoogle Cloud Vertex AIのGemini APIを通じてGemini Proにアクセスできる。

ジェミニ・ウルトラの発売時期と導入計画は?

ジェミニ・ウルトラは、信頼性と安全性のチェックを経て、初期の実験とフィードバックに利用できるようになる。 より広範なリリースは2024年初頭に予定されている。

ジェミニはAIコード生成においてどのような進歩を遂げたのか? 以前のモデルとの比較は?

ジェミニはAIコード生成に秀でており、アルファコードのような以前のモデルよりも改善されている。 その上級バージョンであるAlphaCode 2は、競争力のあるプログラミング問題を解く上で優れた性能を発揮する。

ジェミニはどのようにしてAIモデルの安全性を確保しているのですか?

ジェミニは、リアル・トキシシティ・プロンプトのようなベンチマークを含む広範な安全性評価を取り入れている。 事実性、根拠、帰属、裏付けなどの課題に取り組み、外部の専門家と協力してリスクを特定し、軽減する。

また、ジェミニはバードの進化にどのように貢献しているのでしょうか?

バルドは、高度な推論を可能にするジェミニ・プロのチューニング・バージョンで大幅なアップグレードを受ける。 来年発売されるバード・アドバンスドは、ジェミニ・ウルトラやその他の上級モデルへのアクセスをユーザーに提供し、プラットフォーム全体の機能を強化する。

開発者はGeminiモデルをどのようにアプリケーションに統合できますか?

開発者は12月13日から、Google AI StudioとGoogle Cloud Vertex AIを使用して、Geminiモデルをアプリケーションに統合することができる。

ジェミニのウルトラ、プロ、ナノモデルの主な特徴は何ですか?

ジェミニのモデルは、複雑なタスクに対応するウルトラ、幅広いタスクに対応するプロ、そしてオンデバイスでの効率性を追求するナノと、汎用性を重視して設計されている。

ジェミニは言語理解やマルチタスクの場面でどのようなパフォーマンスを発揮するのでしょうか?



Gemini Ultraは、大規模なマルチタスク言語理解において人間の専門家を凌駕し、様々な言語理解ベンチマークにおいて最先端のスコアを達成している。

アクセシビリティと可用性という点で、ジェミニの計画はどうなっていますか?

ジェミニは、検索、広告、クローム、デュエットAIなど、より多くのグーグル製品やサービスに順次展開され、ユーザー体験の向上を約束する。

ジェミニはどのように安全性の懸念に対処しているのか、また責任あるAI使用のためにどのような対策が取られているのか?

ジェミニは、リアル・トキシシティ・プロンプトを含む広範な安全性評価を受けており、責任ある包括的なAIアプリケーションを確保するための対策を組み込んでいる。

結論

人工知能のダイナミックな状況において、グーグルの最新モデルであるジェミニ・ウルトラ、プロ、ナノの発売は、AI能力の向上に対する同社のコミットメントを証明するものである。 Gemini Ultraの画期的な言語理解から、Gemini Nanoが処理する多目的なデバイス上のタスクまで、このマルチモーダルAIモデルは、開発者と企業の顧客がAIとどのように関わり、AIの力を活用するかを再定義する態勢を整えている。

グーグルCEOのスンダル・ピチャイが強調するように、「ジェミニは、私たちが会社として取り組んできた科学とエンジニアリングの取り組みの中でも最大級のものです」。

GeminiがGoogleの多様なポートフォリオに展開され、検索から広告、さらにその先のすべてに影響を与えることで、将来は有望である。 継続的な進歩、安全対策、AIコード生成への貢献は、AIが達成できる限界を押し広げるというグーグルのコミットメントを示している。

続きを読むGoogle AIによるYouTube広告のクリエイティブ誘導ツール

Author

Oriol Zertuche

Oriol Zertuche is the CEO of CODESM and Cody AI. As an engineering student from the University of Texas-Pan American, Oriol leveraged his expertise in technology and web development to establish renowned marketing firm CODESM. He later developed Cody AI, a smart AI assistant trained to support businesses and their team members. Oriol believes in delivering practical business solutions through innovative technology.

More From Our Blog

2024年の無料オープンソースLLMトップ5

2024年の無料オープンソースLLMトップ5

LLMは今やどこにでもあり、紹介するまでもない。 技術職であろうとなかろうと、日常的に何らかの形でLLMに遭遇しているか、現在利用している可能性はある。 現在最も著名なLLMには、Op...

Read More
ChatGPTキラー? ジェミニ1.5がグーグルのAIの未来に意味するもの

ChatGPTキラー? ジェミニ1.5がグーグルのAIの未来に意味するもの

グーグル対オープンAI:グーグルの勝利か? AIハイプ・トレインのバルドで的外れな成功を収めたグーグルは、最近、最新のAI製品ジェミニを発表した。 この立ち上げの一環として、バ...

Read More

Build Your Own Business AI

Get Started Free
Top