ChatGPT 音声AIアシスタント、OpenAIによる新しい画像機能を搭載

OpenAIはChatGPTに新しい音声と画像機能を導入し、より直感的なインタラクションを提供します。 これで、AIアシスタントともっと直感的なやりとりができるようになる。

声を使って会話をしたい? 問題ないよ。


表示する必要がある

チャットGPT
それを議論するためのイメージですか? そうだろう!

この記事では、ビジネス向け音声AIの仕組み、イメージの特徴、AI会話への応用の可能性について解説する。

ChatGPTで音声会話

エキサイティングなニュースだ! 今、ChatGPTと実際に会話し、行ったり来たりすることができます。

ChatGPTは音声対話に対応し、ユーザーはAIアシスタントと前後の会話ができるようになった。 この新機能を使えば、ChatGPTでストーリーをリクエストしたり、討論に決着をつけたり、インタラクティブな会話を楽しむことができます。 音声機能は、人間のような音声を生成するための音声合成モデルを利用している。

しかし、それだけではない! 一人の声だけに縛られることはない。 その代わり、会話をより楽しくするために、5つの異なる声から選ぶことができる。

ChatGPTの音声AIと画像理解

ChatGPTで画像を共有することができます! ChatGPTで画像を共有し、ディスカッションやトラブルシューティング、分析を行うことができます。 グリルの修理でも、冷蔵庫から何を作るかの決定でも、仕事のための複雑なグラフの解釈でも、ChatGPTはあなたが共有した画像に基づいて洞察を提供することができます。

マルチモーダルの威力
GPT-3.5

GPT-4
モデルにより、言語推論スキルを使用して、写真、スクリーンショット、文書など、さまざまな画像を理解し、議論することができます。

安全のための段階的展開

OpenAIの戦略は、物事を安全で責任あるものにするために、一歩一歩前進させることにある。 音声技術は優れているが、なりすましや詐欺などのリスクも伴う。 そのため、OpenAIはまずボイスチャットに展開することで慎重を期している。 のような声優やパートナーと組んでいる。
スポティファイ
音声翻訳のような、慎重に検討された特定のケースに使用されるようにする。

画像の視覚ベースモデルに関しては、かなりユニークな課題がある。 大きな懸念のひとつはプライバシーだ。本人の同意なしにAIが個人を分析し、発言することは絶対に避けたい。 OpenAIはこれを理解し、ChatGPTが人々のプライバシーを尊重するための措置を講じている。

さらに、これらの安全対策を改善するために、フィードバックや実際の使用状況に耳を傾けている。 だから、プライバシーは彼らにとって最優先事項なのだ。

透明性とモデルの限界

OpenAIは、ChatGPTにできること、できないことを透明にすることを信条としています。 英語のテキストを書き写すのに優れているが、他の言語、特にローマ字以外の文字ではうまくいかないことがある。 そのため、ChatGPTがあまり得意でない専門的なトピックや言語に使用する場合は、結果をダブルチェックして確認することをお勧めします。 ツールを賢く使い、その長所と限界を理解すべきだ。

アクセスの拡大

素晴らしいボイス&イメージ機能がデビューを飾る
プラス
および
エンタープライズ
ユーザー 彼らは最初の味を知る! 開発者にとっては、このような素晴らしい機能が、まもなく他のすべての人たちにも提供されることになる。

OpenAIは、音声と画像の機能を追加して、ChatGPTを大幅にアップグレードしたばかりだ。 つまり、このビジネス用AIを使うことで、より多目的なインタラクションが可能になり、より多くのことができるようになるのだ。 テクノロジーとの日常的な関わりを、より革新的でユーザーフレンドリーなものにするのだ。

結論

ChatGPTのOpenAIの新しい音声と画像機能は、AIアシスタントとのユーザーインタラクションを大幅に強化します。 音声での会話や画像の共有が可能になり、より直感的な作業ができるようになった。 安全性とプライバシーが最優先され、音声技術は慎重に展開され、画像による議論にはプライバシー対策が施されている。

ChatGPTは、その制限について透明で、英語のテキストに最適な強力なツールです。 当初はPlusとEnterpriseユーザー向けに提供されるこれらの機能は、AIとの対話をより革新的でユーザーフレンドリーにすることを約束する。

続きを読むコード・インタープリターChatGPTの新たな飛躍

Author

Oriol Zertuche

Oriol Zertuche is the CEO of CODESM and Cody AI. As an engineering student from the University of Texas-Pan American, Oriol leveraged his expertise in technology and web development to establish renowned marketing firm CODESM. He later developed Cody AI, a smart AI assistant trained to support businesses and their team members. Oriol believes in delivering practical business solutions through innovative technology.

More From Our Blog

Anthropicのツールとクロード3でタスクを自動化するには?

Anthropicのツールとクロード3でタスクを自動化するには?

Anthropicのツールを使い始める LLMを業務に採用する最大のメリットは、その汎用性にある。 LLMは、テキスト生成のためのAPIとして機能したり、非構造化データを整理されたフォーマット�...

Read More
2024年にチェックすべきトップ・ハグリング・フェイス・スペース

2024年にチェックすべきトップ・ハグリング・フェイス・スペース

Hugging Faceは、NLP、コンピュータ・ビジョン、そしてそれ以上のための広範なツールとモデルのスイートを誇り、機械学習コミュニティですぐに利用されるプラットフォームとなった。 最...

Read More

Build Your Own Business AI

Get Started Free
Top